呼吸が大事

私は、歌うことにおいて大事なのは、呼吸だと思っています。深い呼吸で、一定の息の量で、それが声になった時、とても自然な音が生まれます。

普段生活していると、パソコン作業などの外的要因からだったり、人から受ける緊張や萎縮からだったり、コンプレックスからだったりと、呼吸が浅くなることは多いですよね。それによって、思考が狭くなったり、心身に問題が起きたりもします。

それを変えていくには、そのような原因の元となる人や環境から距離をとることは大切ですが、それと同時に自分の中を変えていく、というのもポジティブなチャレンジではないでしょうか。

私のレッスンでは、息を吐きながら、緊張した体を緩めたり伸ばすストレッチによって、呼吸が深くなっていきます。そして、体の脱力を覚えることで、余計な力を入れていたことに気がつきます。それから息を吐いて吸う、それを意識的に繰り返すことで深い息に導きます。深い呼吸は副交感神経を刺激してリラックスさせるそうです。そのあとで、呼吸を声にしていき、歌につなげていきます。

歌えているものをより上達させたい、という方には向かない教室かもしれません。でも、日常の中で気分が落ち込みがちだったり、話相手がいない方、何かご自分を変えたいなと思っている方、そんな方には、お役に立てるかもしれません。

深い呼吸を身につけて、今ここを楽しむ。今よりも1ミリでも成長する。歌を通して、そんな心のあり方をお伝えしていけたらと思います。

 

 

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です