何をしたら、歌って心身が回復するのか?

昨日、歌による心身の回復がテーマです、と書きました。じゃあ一体何をすると回復するの?という内容について、今日は書いていきます。

まず、鬱っぽくなったり不調になるのは自律神経が乱れている時なんですね。そのような時に、ケーキを食べたりしてリラックスするのもよいけれど根本的な解決にはなりません。自らより良く変わる方向へ自分を導いていきたいですよね。

以下は順天堂大学医学部病院の自律神経専門の小林弘幸先生の言葉です「自律神経を1番鍛える方法は、歌を歌うこと。なぜなら歌は呼吸を扱うから。自律神経を唯一コントロールできるのが呼吸なのです」これは心強いお言葉!

以下は、レッスンで考えられる回復への手がかりです。

1 外に出て人と触れ合うこと。またはオンラインの対面で人に会うこと

2定期的にスケジュールが決まっていること

3ストレッチで体をほぐして血流をよくすること

4呼吸を意識的にすること

5いつもよりちょっとだけ頑張ること

6表情筋を動かすこと

7好きな歌で心が動かされること

8高音など、自分の枠を超えたことをしてみること(挑戦)

9できた、と自己肯定できること

10声を出す今だけに集中できる、過去や未来を考えない時間であること

11無心になれる

12呼吸によって内臓のマッサージとなり体があたたまる。腸が動くと自律神経によい影響がある。

13適度なリズム運動

14自分で考えすぎず、人に委ねること

15自分では思ってもなかった声が出る。自分の可能性を発見できる。

16楽しいと思える。

いかがでしょうか?これらは私の経験から感覚的に獲得したものでもあるので、これからは医学的な裏付けをもっと説明できるようになりたいです、初めての方に納得してもらうには必要ですしね。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です