うた こえ

今日は旧正月。新しく何かを思い定めて始めると良い日らしいです。

それにあやかって、しばらく放置してしまっていたこのブログで、歌、声、について書いていこうと思います。いろいろな仕事をしてみても、やはり、一番心沸き立ちゾクゾクするのは、声を聴く時なんですよ。それが分かったので。

ただ、読んだからといって、読んだ方が何か特別得るものがあるとは思いませんし、私の個人的な思いを書くつもりなので、違うご意見の方は多いかと思いますが、あくまで私の満足のために書きます♩

というわけで、初回は私が声にハマった小学生の時に出会ったものについて〜

小学生の時、何のきっかけでか忘れましたが、学校の合唱部に入って区のコンクールに出たりしていました。入ったきっかけは、教会の影響かもしれません。私は母と幼児期から教会に通っていて、集った皆でオルガンに合わせて賛美歌を歌うことが好きでした。皆で歌うと背中がゾクゾクする!と。それで、そのゾクゾク!…合唱団でも同じ経験をしました。それからは夢中でずーっと合唱一筋でした。

そんな中、音楽の授業でしたか、インドネシアの「ケチャ」に出会いました。それが面白くて自分で芸能山城組や本場の音源のレコードを買いました。レコードには、男声が何部かに分かれて進むケチャのリズムパートと言葉が書かれており、音を聴きながら各パートごと声に出してやってみました。その原始的な声のようでありながら複雑な芸能に惹かれ、そのあと民族音楽にはまっていきます。

私がケチャを好きなところは、猫の声のような高い音からドーンと低い音まで、様々な声が重なり深みが出るところ、リズムが複雑に絡み合うところ。また途中からトランス状態のようになったり、周りの動物や鳥の声が聞こえてきたりと、人間が自然の中で裸で声を出している感じのところ。それまで、ピアノを習って賛美歌を歌って合唱曲を歌っていた私には、非常に新鮮でした。

ラーマーヤナを主題とする舞踏劇として、ドイツ人ヴァルターシュピースが提案して作ったもので、バリ島で始まったケチャは観光用と化し、現在では世界各地で行われているようです。wikipedia

今年のまとめ

すっかり師走になりました。暑かったり寒かったりですが、もう冬なんですよね。

おもむろに今年のまとめをしてみます。笑

今年は、年明けに、ご高齢の方の声のトレーニングを依頼されて始まりました。私は自分の親のことを考えながらご提案しました。その中で、こんなにも親御さんに対して親身になれるお子さんがいるんだな、自分はどうだろう、と、介護者としての自分を思い返しました。

2月はパールティースの本番がありました。

その後は春から、ずっとやりたかったミュージカルに挑戦。

初夏からは親と銀行回りなど、介護関係のことでバタバタと数ヶ月。。そんなこんなで、ミュージカルは続けられなくなりましたが、、挑戦してみたことで満足した私がいましたし、ミュージカル役者の方を尊敬しました。踊って歌ってって、かなり高度なことなんでした!

夏、家事代行の仕事にぴん!ときて、少しずつ始めました。

思えば、ずっと料理関係の仕事をしてきたんだと思い出しました。ホールよりキッチンの方が居心地が良かったし、食品の不良品返品の仕事も現在も長く続けています。畑や、野菜を愛してるし、育つ中でアメリカのオーブン料理も身近でした。

よし、料理の仕事もしてみよう!と思い立ったのです。

昨日、食品衛生責任者の資格を取りました。いまの私は資格を直接使うわけではないけれど、受講することでウイルスや調理や法律などさまざまな話が聞けてとてもとても勉強になりました。

そんなこんなの年末。

コンサート企画、コーラス指導、料理、食品知識、、これらすべてが私。

来年は、偽りのない、わたし、というものを引っさげて生きていこうと思ってます。

横浜市歯と口の健康週間

去る6月10日日曜、みなとみらいのクイーンズサークルにて、パールティースⅡが歌いました。

題名にもあるように、歯と口の健康週間のイベントで、歯科検診は無かったものの、栄養の話、虫歯の話はもちろん、骨密度や貧血チェックなど、いろいろなことをできるイベントでした。

いろんな現場で歌うことにも慣れて来たメンバーのおかげで、歯科医師会の方からも「コーラスがとっても良かった!」と言っていただけたようで嬉しいです。

ヨコハマコーラルフェスト

18日の日曜日、みなとみらい大ホールにて、ヨコハマコーラルフェストに出場しました。わがパールティースⅡ。今回は新たなメンバーも加わり、新曲「おくちの体操」とおなじみ「デンタルポルカ」を引っさげて行ってきました。ここ3年連続で出場しているので、メンバーもわたしも今年は自然体で臨め、ブラボー賞には届かなかったけれど、候補の票が2票入りました☆!

講師の先生が仰っていた「ボディを鳴らす発声を身につけよう」ということ。そして、途中の発声タイムで教わった「ビール瓶を鳴らすような発声」に納得しました。つまりは口から声を出すのではなく息を鼻の方まで流して声を出すこと、、、結局、腹式呼吸の重要性に回り回って戻ってくるのだな、と思いました。

まだまだ課題はあります。これからますます進化していけるよう、楽しんで続けていけたらと思っています。そして願わくば今後は他の団体でもコーラス指導をしたいと思っています。コーラス楽しい!最高です!

誕生日記念

いつのまにか2月になってました、、今年もよろしくお願いします。

1月、私の誕生日で、誕生日休みを家族にもらい、ホテルニューグランド に一泊してきました。ニューグランド は祖父がよく連れて行ってくれた場所。親戚一同の食事会も時々しました。中庭で写真を撮ったり。なので私にとっては懐かしい場所です。

しかし、一人で泊まるとなると格式のある緊張するホテルでした。43にもなって、やはりまだまだ中身が幼い自分を感じさせられましたけれど、一人バーやら一人ブュッフェを経験して、それはそれで貴重な時間でした。

あと少し

昨日は、合唱団パールティースの練習でした。昨日含めてあと3回!!課題はたくさん!!どうなるかしら…と思いつつ練習に行きましたが、皆さん熱心で、私もいつになく動き回って汗をかいてきました、笑。今年は新曲があり、新しく作ること、それを形にすることの醍醐味を感じています。

昨日、そのうちの1曲の楽譜に2006と書いてある!と発見した方がいて、えー!そんな前?とびっくり。思えば、パールティースの最初は、関律子さんが作曲されたハミガキポルカを、歯科医師会の何十周年だったかの記念パーティーで歌ったのが最初でした。ホテルの大広間で緊張したのを覚えています。あの頃からもう12年…?今では先生方とも打ち解けて、私の歯もお世話になっています。これまでの不思議なご縁に感謝しています。

さああと少し頑張るぞー。

漫画

先日、子供の本を借りに行ったついでに、図書館で「漫画日本の歴史」を借りました。自分のために。実家にはいろいろ揃えてもらっていたのですが、うん10年ぶりのご対面、懐かしかった…。徳川家康、豊臣秀吉、戦国武将について、の3冊を借りました。

ルビや解説が豊富でとっても分かりやすい!大人が歴史を理解するのにもとっても良いです。

今年の流行語大賞

1月から、今年はびゅんびゅん飛ぶように過ぎていくなぁ…と感じていたら、あっという間に12月に突入〜。

私の勝手な、自分的今年の流行語大賞は「毒出し」笑。今まで出来なくてやらなくて悶々としてきたことに手を出しました。メイクやおしゃれ、脱毛、片付けなど。

夏に3ヶ月間メイクやおしゃれについて習って、なんだ、みんなこんなことやってたのかー、と思った反面、一体みんなどこでメイクを習ったの?と疑問に思いましたです。親から習うものなのかしら?…それで、その後は毎日化粧して、ヘアアレンジも私なりに練習して、、やっとそれが普通になってきました。脱毛も、えいやっ!と始めたら効果覿面で、悩んできた30年間は何だったのか、と。

やっぱり、何事も悶々としてるだけじゃダメで、行動してまた修正して、の繰り返しで良くなるんだなあ、と学びました。 

あ、あと日本史もだ。今年は映画関ヶ原を3回観て、なんと全く知らないでいた日本史にどハマりしました。特に今島津義弘にはまっていて、子供用の漫画日本史を借りて読んでいます。映画原作である司馬遼太郎の「関ヶ原」を始め、池宮彰一郎の「島津疾る」も興味深く読んでいます。

そんなこんなで、とっても充実した1年でした。

リサイタルへ

今日は紀尾井町サロンホールで、西晴美さんのリサイタルを聴いてきました。シューベルトの白鳥の歌全曲。いつも駅に戻ってから写真撮ってなかったことを思い出す…。

単純に、異国の歌詞を覚えること、舞台で間違えず歌うこと。それができて凄いと思いました。14曲歌い通したあとは、アスリートが走り切ったような清々しい表情で。ほんと、音楽家は日々の鍛錬と精神力が、アスリートと同じだと思います。晴美さんお疲れ様でした!