歩くと身体も心も整うのでおすすめ!

昨年、6キロの減量をしたと前に書いたのですが、その時に感じたことについて。

痩せるためにしたのは、食事改善(カロリーコントロールと、砂糖断ち、タンパク質を積極的にとる)、よく寝る、ウォーキング、筋トレ。

膝痛があるのでスクワットなどの全身に効果的な筋トレができず、全身運動はウォーキングで身体をうごかすことにしました。

始めた8月はコロナ自粛で運動不足のこともあり、4000歩くらいしか歩いてなかったのです。今思えばびっくりですが。そこから、目標を6000歩にし、7000、8000、9000、そして4ヶ月でついに1万歩にするまでになりました。

歩くと一駅一時間かかる電車区間を歩いたこともありますし、基本的にはエスカレーター禁止で階段、そして仕事場への道を3つ前のバス停で降りて歩くことは習慣化しました。

それだけ歩いてみると、感じることがあります。

まずは、フォームが大事。重い荷物は体の負担になるのでできるだけ軽くして、腰をそらず骨盤から前に。腕を振り早足で。

フォームができたら、歩きながら頭に出てくる様々なことを流しながら歩きます。

ある時、これはまるで歩く瞑想のようだと思いました。一つの考えに執着しないで、出てきた想いや考えを映像を見るように流していくと、歩き終わる頃にはすっきりしていました。日頃モヤモヤと頭の中で溜まっていたものを流したような、そんな感じ。

ただウォーキングのやり方はいろいろあるでしょうから、それぞれに合うものを見つければ良いと思います。

今日は、また新しく「歩行禅のすすめ」という本を読んで実践してみました。修験道という厳しい修行をする宗派のお坊さんが書かれた本で、行きはごめんなさいと様々なことを思いながら歩き、帰りの道はありがとうと感謝しながら歩き、最後に坐禅する、という3つを組み合わせているものです。ルーティンとして続けることが大事ということなのでまだ分かりませんが、少なくとも今日一日だけでも、こういうことだったのか!と新たな気づきがありました。

まだまだ発見がありそうなウォーキングの奥深さに取り憑かれています。お金も器具もいりません!よかったらどうですか??