自由大学

PC122214.jpg

ここしばらく、週末は自由大学に通っています。

ここは世田谷区の元学校で、「IID世田谷ものづくり学校」として
その校舎をそのまま使っています。
その中に自由大学もあります。
校門を入るとカフェの案内があって、
そこではゆったりとコーヒーやランチを頂くことができます。
校舎の中は各教室に企業が入って仕事をしていますが
その感じがなんとも素敵です。
小さい頃から私は学校の中では美術室が好きでした。
家に父のアトリエがあって、その影響だと思います。
大きくてどっしりして何でもやって良さそうな木の机、
汚れても良い床、古い椅子、木枠の窓から入ってくる明るい光、
小さくなった絵の具や古びたカーテン、ひなびた匂い。。。
それらに触れるだけで何か生み出したくなる、とても自由な感じ。
この自由大学の建物にも、同じ空気を感じます。
この学校の中はとてもクリエイティブな空気が流れていて
新しい事を「生み出す」「造り出す」という雰囲気が溢れています。
そんな自由大学で私が今学んでいるのは
「小さな教室をひらく」という講義です。
会社勤めではない「人に伝える」「教える」という道を
形にしたいと思って、全5回の講義に通っています。
毎回目から鱗の連続、客観的な周りの意見による新たな発見、興奮。
自分だけの、自分だからできることを見つけて、やっていきたいと、
本当に心から思っています。