本番を終えて。

久しぶりの舞台はよほど覚悟しないと、やられると思ってました。でも反面、三年の蓄積を信じようとも思いました。
結果は、あれこれありました、やっぱり。やっぱりというのは、そこは練習でもやや不安だった部分だったから。
練習は大事。
それと、三年の蓄積があったからこそ、気持ちは落ち着いていました。
それも、練習は大事、といえる部分。
今回本番を終えて一番感じたのは、日頃の練習が大事、ということです。当たり前だけれど今更ながら、実感しました。積み重ねたものがあれば本番で輝けるし、欠陥があれば本番で窪地に落ちる。
それから、練習はやり過ぎということはないということ。私みたいな歌詞や音の覚えが悪い場合は、とにかくやりまくることだと。
またひとつ学びました。
自由大学の先生からお花を頂いたり、その同期で学んだ方が来てくださったり、クラシックを初めて生で観る友人が来てくれたりして、とても嬉しかったです。どうもありがとうございました。

ピアノの佐藤美帆さんと。
Posted from するぷろ for iPhone.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。