Harmony AIのコンサート〜自分を開いて!

今日は、東神奈川のかなっくホールにて行われたHarmonyAI(インターネットでHarmony AIで検索すると、詳しく出て来ます!また、FaceBookページもあります。)主催の「Fortunate Concert11」を聴いて来ました。
以下はFace Bookで先ほどアップした文章ですが、ブログでも皆さんとシェアしたくここに掲載します。
主催者の石川秋子さんが、愛と調和と感動を伝えたい、と冒頭にメッセージを下さったように、クラシック、フラメンコ、ジャズの素晴らしいアーティストの方々がそれを体現していました。特にマリンバとピアノのデュオ「ナチュリー」とフラメンコのお二方とのコラボレーションは、愛と調和とはこういうことを指すのだなと思わされました。お互いがお互いを尊重し合わせ、また自らを開いて自分を出し切る。けしてコラボによって何かが目減りしたり残念なことにならず、むしろ高め合い倍加する。それを観て涙が出ました。

主催者による出演者の選択眼、コンサートの進行もさることながら、出演者が皆さん素晴らしくて、なんというか波動が高いと言いますか、精神的にとても高いところにいる方々ばかりと感じました。

中でもソプラノの矢野綾乃さん。私にとって、世の中にこんな声があるのかと目が開いた瞬間でした。歌い出すと突然彼女の声と彼女自身から愛を感じ、彼女から愛から飛んでくるのを受け止める感覚でした。涙が溢れました。

そんなコンサートを主催された石川秋子さん。実は中学から大学受験までずーっと私がお世話になった地元のピアノの先生です。今も自らを高めやりたいことに邁進されている姿に言葉ではないメッセージを受け取りました。

今回のコンサートを通じて、人は皆、必ず居場所があるんだ、と思いました。こんなふうになるべきだ、なれない、私はダメだ、、ではなくって、一人一人自分を全開にしたら、そこについて来てくれる人はどこかに必ずいる。そんな確信を持ちました。だから人と比べて卑下したりおごったりするのではなく、ただただ私は私のままで、さらけ出してやり切ればいい。そういうメッセージを頂きました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。