人間くさいスタジオ

今週からヨガに復帰しました。

関内にあるボディアンドマインドヨガ

ここの主宰者峯岸道子先生が好きで、長年通っているファンがとても多いスタジオです。

私が朝霞に越す数年前、だから今から6.7年前でしょうか、ここにちょくちょく通っては助けてもらいました。ここで、ヨガって身体だけじゃなくて心にも効くんだ、と初めて知りました。

道子先生が明るくてパワフルで惹かれること、ヨガの流れが身体の構造を考えた素晴らしい組み立てであること、最後のシャバアサナで、当時はピアノの音が流れ、その音に心身を任せて涙まで流れる浄化を体験したこと。

そんなことから、身心をぐっと掴まれて、今回またここに戻りました。

朝霞にいた時も、あちこちのスタジオに顔を出しては合うところを探していたんです。でもなんだかどこもピンと来ず。

ボディアンドマインドヨガは、初めて行っても家族みたいに迎えてくれて、笑いあり、涙あり、とても人間くさくて、1人でふらっと行って誰とも会話を交わさず無言で帰ることはないのです。

私はそれが鬱陶しいと思わない、むしろその方がいいので合っているのですな。

でも、誰とも会話も目線も交わさず無言で済んでしまうスタジオもいっぱいあるんです。

まるで、住民同士挨拶を交わさないマンションのよう…。

だけど私はそれじゃ嫌なんですよね。
書いていて気づいたけれど、だから関西の家族に「ようこさんは関西っぽい」と言われるのかも^^;