オペラ観賞

20131201-123941.jpg

昨日は、初台の近江楽堂に行きました。ヘンデル最後のオペラ、デイダミア。そして幕間には幕間劇であるペルゴレージの奥様女中が上演されました。真ん中に別のお話が挟まれるのは初めての体験でしたが、これがとっても良かった。

どちらかというとデイダミアは静かな音楽で、その間にリフレッシュさせてくれたのが奥様女中でした。終始高いテンションで笑わせます。学生時代にやった曲も、劇中で歌われるとまた新鮮で、あー、この流れで出てくるのか!と目からウロコでした。

さすがに長時間座っているのが辛くなってきたので、出産前のオペラ観賞はこれが最後になるのかなあと思っていますが、私のことだから、面白そうなものがあればまたヒョコヒョコ出かけるかもしれません。