ヴァケネコ ジャズライブ

今日は、神奈川青少年センターでジャズを聴いてきました。

ヴァケネコとしてピアノを弾かれている田近香子さん。実は今7ヶ月のお子さんがいらして、目下の悩みは音楽活動と子育ての両立だとか。

菊名地区センターから30名の親子が来ていたり、おじいちゃんおばあちゃんも来ていたりで、たくさんの参加者がいました。

今日はなんとステージに畳が敷かれていて、そこに座る形で聴きました。とはいえ、座っていたのはほんの数分だけ。あとはひろ〜〜いステージ上を、舞台の袖まで自由自在にハイハイ。弾いているヴァケネコさんの脚に手をかけんとする子も!笑 うちの子は天井の照明にも興味津々で、指差したり、スタッフの方に構って頂いたり…でも脚をバタバタしたり首を振ったり、それなりに音も楽しんでいた様子。

実は私はジャズの楽しみ方がいまいち分からなくて。メロディーがはっきり聴こえるんではなく音が織物のように聴こえてくるので、途中で見失うというか、没頭できないことが多いのです。でも娘を見ていると、なんかとっても自由で、ハイハイしてたかと思うと音楽を聴いて笑ってたりして、あー、こんな感じでいいんだなぁ、と思わされました。

何はともあれ、これを機にいろんなジャンルの音楽を親子で聴きたいと思いました。ボサノバ、タンゴ、フラメンコ、太鼓、、、探したらいろいろあるのかな。

でも、奏者は大変だと思いました。。あれだけざわざわしていて(でも聴いている)、トークも曲もやって。すごいなーとただただ感心してしまいました。

行きに、青少年センターの最寄りの桜木町駅に、北改札ができているのを初めて知りました。他にも飲食店が入っていたりして、随分変わりましたねー。すっかり浦島太郎でしたわ。

IMG_3419.JPG