1年を振り返って

  
早いもので、今年もあと2日になってしまいました。今年はあまり更新もせず仕舞いでした。。

ただいま帰省中の神戸から、今年を振り返ってお届けしたいと思います。

2月に仕事復帰、週2日だけのパートタイマーですが、社会に出ることで、元々家庭内だけでおさまらない私が、なんとかバランスが保てるようになったと思います。

音楽面では、1月から、パールティースという歯科衛生士と歯科医の方々のコーラスの指導に招かれました。月1、2回の練習をいかに充実させるか、そして向上させるか頭を絞り、それは久しぶりの感覚でとてもありがたい経験になりました。こちらは来年2/14に、ヨコハマコーラルフェスト(みなとみらい大ホール、午前の部)に出演致します。お時間ございましたらお出かけください。

5月には、新羽の高齢者福祉施設にて、ロビーコンサートで少し歌わせていただきました。ピアノソロと歌のコンサートでした。沢山の方が楽しみにして下さり、微力ながらお役に立てていたら幸いです。

また、今年は旅行の多い年で、北斗星とカシオペアに乗り、つまり北海道に何回も行きました。それから八ヶ岳にも行ったし、神戸のルミナリエも娘と観ることが出来ました。

今年の年始には、このブログも新しくするつもりでいろいろ手を加えていたのですが、結局それは先送りにしました。何か今までと変えたい、でもどんな形にしたら良いのか、、周りに相談しながら動いてみたものの、はっきりと自分で納得する形にはなりませんでした。

いろいろ中途半端だったけれど、この年末に一つだけ言えるのは、合唱がやっぱり好きだ、ということです。それも、自分がプレイヤー向きではなく、人の声をまとめてゆく、その方向には力を発揮できる、と再確認することが度々あったから、余計強く思っています。

今年は娘が1歳になり、歩き出し、喋り出し、様々なことができるようになり、、日々その変化にびっくりし、喜び、また同時に育児の大変さを痛感しました。

その中で娘に教わったことの一つは、自分を人と比べることは必要ない、ということ。私のペースで、私の感覚で、生きればそれで良い。

他にも幾つも娘がギフトをくれました。中でも、これまで、どこか孤独で常に人より劣っていると思っていた私に、お母さんが1番、と無償の愛をくれたこと。どこか斜に構えて、人や物事の裏面を皮肉ってしまう私に、純粋に向き合うことを思い出させてくれたこと。この2つは、ほんとうに有難くて毎日感謝しています。。
皆様今年もありがとうございました。

来年はもっと私らしく、マイペースでやっていこうと思います。来年もまたどうぞよろしくお願いします。 良いお年をお迎えください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。