サーフィンのよう

今日書店で1人で色々読んでいたら、うーん、最近の私は自分と繋がってなかった苦しさがあったんだなーと発見。こどもは可愛いけど、ずっと付き合ってると自分の呼吸ができない感じもあり。ヨガ、水泳。それが自分に合ってることはすでに発見していて、でもここ数年間全然やっていないのですが、やはりそれらがカラダとココロを繋いでくれるんだな、、と再発見しました。

それからカフェでいろんなことを考えたりしていたら、先日のストレングスファインダーでみつけた「適応性」というのと、過去に楽しかった子供の音楽会の企画。それがふっと結びつきました。なんで楽しかったのかといったら、サーフィンのように乗りこなせてる感じ、それが楽しかったんだなーと。出演者とのやりとりや、チラシの依頼や地図の依頼、会場となるおうちの方とのやりとりなどなど。考えてみたら、私が作り出すというのではなく、いろんな才能のある人をアレンジするのが楽しかった、、ようですね。

それぞれに対応して全体をまとめる、ということか、またひとつ見えました。自分のことはなかなか分からないけど、こうやって少しずつ方向が見えてくるのは楽しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。