MONTH

2012年10月

人に会ってます

最近、人に会うことが多くなりました。みちるとひらくを立ち上げてから、頭を使うことや、やりたいことをやるために自分に新たな息吹を吹き込むことが必要で、そのために会いたい人にはすぐ会うようにしています。 不思議とそれはどんなに遠くても苦にならず、好きなことには力を注げるんだなーと、身体に風が通ったような感じがしています。 今進めているのは、親子で音遊び、ポストカード、高齢の方と施設などで行う歌のプログ […]

はじめてのオペラ第二弾!

前回の「はじめてのオペラ」では、あらかわバイロイトのモーツァルト「魔笛」を取り上げました。公演もとても楽しく、参加された方からは「とても興奮した、楽しかった」という声をいただきました。 それで気を良くして笑、第二弾を開催します!今回はあらかわバイロイトの得意なワーグナーの「ラインの黄金」です。このラインの黄金は、ニーベルングの指環「序夜と3日間のための舞台祝典劇」の中の序夜として位置付けられていま […]

ただただ感謝

今日、歌っていてつくづく思いました。今までいかに多くの方に支えられてきたか、と。 そもそも両親の理解がなければ歌の道へ進むことは出来なかったわけだし、そして今まで沢山の先生方が親身になってくださった。人のレッスンをして初めて分かる教えることの大変さよ。それからホールを借りる時、衣装を選ぶ時、伴奏をお願いする時、チケットを売る時、いつも多くの人が私のことを支えてくれていました。 不思議なことに会う人 […]

これも引き寄せか?

このところイベントのことばかり書いていたので、今日はゆるめに。 私にはなぜか、食べ物が集まってくるのです。不思議なんだけど、ホント。 しかも欲しい時にやってくる。しかも一箇所からでなく、何箇所からも。クッキーの時はクッキーが重なったり、野菜の時は野菜が重なる。 このごろはバナナだ。思いも掛けない時に思いがけない場所でゲットしている。 ただし、このチカラは笑、今のところ食べ物に限られている。欲がない […]

歌声喫茶ツアー終了

昨夜は、はじめての歌声喫茶ツアーでした。 16時の開店早々にお店に入ったのですが、すでに何組もお客様がいらっしゃいました。歌声喫茶ならここ!と、歌声喫茶ともしびを目指してやって来られる方がいるのです。都内近郊からに限らず、地方からわざわざ、という方も多いです。 まずはコーヒーで1ステージを楽しみました。ご参加者Hさんがリクエストした赤いスイーピーが取り上げられ、一緒に歌いました。お店では、歌本の中 […]

歌声喫茶ツアー第2弾!

第1回はじめての歌声喫茶ツアーが近づいて参りました。今回お知らせした方々から「日程が合わない」という声を多く頂いたので、早速「第2回はじめての歌声喫茶ツアー」を企画しました。出来るだけ多く開催して「歌声喫茶」という文化を知っていただく機会を増やしたいと思っています。 第2回はじめての歌声喫茶ツアー 日時:11月17日(土)16時〜。 金額:貸し出し歌集+歌声チャージを含めて、参加費2000円です。 […]

藤野へ

今日は高尾駅から二つ目、藤野へ行ってきました。藤野でヒーリングをされているゆきよさんのところへ。ヒーリングもそうなんですが、藤野という町に興味があったのです。藤野は芸術の家というものがあり、様々な芸術家が集まっている、とはよく聞くところ。 実際行ってみると、立川からそれほどかからないのに冬はマイナス10度、今の時期はイノシシに鹿が頻繁に出るのだとか。湧き水が飲めたり夜は真っ暗で外出できないとか、、 […]

こんなのはじめて!!

昨日はジョンケージ100周年イベントへ行って来ました。 場所はヨコハマ創造都市センター。ここは旧第一勧銀横浜支店を移築・復元した建物だそうです。 演奏は手前の古い建物の中で行われました。中に入ると高い天井に太い柱。すっごく響く内部でした。そこに2台ピアノが設置されていました。 ジョンケージのお顔を初めて拝見しました。「ミュージックand マッシュルーム 音楽のとなりにあるもの」 というのが昨日の題 […]

ただいま計画中

すっかり寒くなりましたね〜。 今日は半袖に長袖ニットで出掛けましたが、なんだかスースーして寒いです(-。-;そろそろヒートテック出動かな。 さてさて、これからの予定をお知らせします。 今夏素敵な出会いがあって、その方と近いうちに「親子で音遊び」ができそうです☆ また、「音遊びってどんなことするの?」「知り合いに音遊びに興味ありそうな方がいるけれど、体験してみないとご紹介できないし」という方向けに、 […]

素晴らしい発想!

昨日昭和記念公園へ行ったことを書きましたが、その広大な原っぱに、親子がたくさん来ていました。 そして原っぱは様々な色のミドリで溢れ、つやつやと輝いていました。まるでミドリの絨毯のよう! すれ違いざまに、ある女の子が言いました。 「緑の靴を履いてくればよかったー」 私とオットは、お!っと思いました。なんて素敵な発想なんだろう!!緑の絨毯と一体となりたいと思ったのかな。 こどもは何でもわかってる。素晴 […]