お酒が好きだけど声も大事な人へ。

みなさん、お酒好きですか?突然w。。。

隠すことでもないのですが、私はお酒が好きです。今もワインを飲みますし、夏はビール。時にはハイボール。大学卒業する頃に成人し合唱サークルでお酒を覚え、たくさん失敗もしました。。駅の改札の切符売り場の下で座り込んでしまったり、終電を逃してサークルの部室に泊まったり。。今思えば酷いですね。。

さて、お酒ですが、歌うにはよくないとか、良い声のためにはお酒をやめるべきとか聞きますよね。どうしてでしょうか。

まず、アルコールを飲むことで声帯が充血するのです。そして気分が良くなって大きな声で話したり歌ったりすると、充血した状態で声帯が酷使されて翌朝の声は超絶低音、または声が出ない状態に。話しても声帯がくっつかず、空気漏れのような感じになります。

もちろん、お酒を飲んだ場合も話さない、飲んでも歌わないというのが徹底できるなら良いかもしれませんが、まあなかなか難しいじゃないですか。

だから、大事なプレゼンや発表の前日、大事な本番がある日の数日前から、お酒はやめておいたほうが賢明でしょう。意外?でもないかもしれませんが、オペラの歌手でもお酒が好きな方は多いのです。でもそういう方も本番前数週間はお酒断ちしていたりします。

そして体質的にも、お酒に強い声帯だとか、飲んだら一発でやられてしまうとか、人によると思います。

体質を自覚した上で、どんな飲み方なら喉に負担がかかりにくいのか、一切やめておいたほうがいいのか、少しなら大丈夫なのか。お酒が好きだけど声を大事にしたい方は、自分で人体実験して経験しながら、決めていくと良いと思います。

ちなみに今の私は、子供に付き合う時間が長くなればなるほど自分の時間が取れないジレンマに、ぐーっと飲んでパーっと発散したくなり、ちょっとお酒に走ることが多いです。。もう少し、歌うとか他の発散方法を身につけていきたいと思うこの頃。。