好きなことで食べていくには

このタイトル。長年私を苦しめてきたテーマです。

好きなことで生きよう!とか、好きなことで働く!とか、いろんな書籍が出ていますよね。講座やセミナーもたくさんあるほど、このテーマに惹かれる人は多いのだと思います。

実際私も、好きなこと、で声楽学科に入りました。でも、それでどう食べていくかは教わりませんでした。好きなことを選んだけど、その先を学ぶ場所がなかったから、他の仕事をしながら音楽を続けてきました。

そこが肝心なのにね。

その結果どうなったかというと、ハリボテの自分。つまり音楽で活躍できてない、かたや他の仕事では音楽を言い訳にしている自分。そんなことが長年続き、本当の私って何だっけ、なんて考えてしまいました。

さて、テーマに戻りますが、好きなことで食べるには?何が必要だと思いますか?

まずは私の経験から言えば、それ一本で食べたいのなら、戦略。行き当たりばったりではなく、この先数年間を見越しての活動計画。また、それ一本ではなく食い扶持をいくつも持っておくことも必要だと感じます。特にコロナが広がってから、ますますその必要性を感じます。

ただし!その食い扶持は、自分を犠牲にしないものであること。やっていてエネルギーが増えるものであること。音楽以外にも得意なことや人に求められることをみつけ、そっちでも精神が安定しながら人に役に立ち、収入を得る。

私は何も仕事は一つじゃなくて良いと考えます。ただし、幾つもするなら、エネルギーが相互作用で盛り上がれるものが良い。私の経験から、仕事ですっかりエネルギーを奪われてげんなりしてしまうと、いくら好きなことでも素直に向かっていけないです。

このテーマの考え方は個人差がありますし、自分なりのやり方がみつかるまでいろいろ試していくしかないと感じます。ただ一つ言えるのは、諦めるな! です。自分の可能性はもちろん、どこかで見ててくれる人がいる、どこかにファンの人がいるから、それを信じて発信を続けて行きましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。