親子の歌の会

今日は横浜で、親子の歌の会をしてきました。

ご近所さんお友達、総勢30名以上が集まりました。
この震災でストレスがあったら、この会で吐き出して欲しいなと
思って開催を決めたことでした。
お母さん達も不安なことがあるかもしれない、
こども達も何か心配かもしれない。
と、思ってのことでした。
その時間、こども達が積極的に歌っていたし
お母さん方も歌いながら涙されていたり。
何か心に訴えるものがあったのだとしたら、やって良かったと思います。
募金もして、全額を寄付してきました。
今回これについてやれることはみんなやった。
でもそれでも、
自分には何もできないという気持ちが押し寄せてきます。
被災地や原発に対してツイッターやブログで声を上げることはできる。
寄付をすることは出来る。
だけど・・何か、何かできていないことがある。と
思ってしまう。
被災地の方の代わりにはなれないのに。
そんな不遜なことは考えてはいけないのに。
いろんな意味で自分の小ささを思い知らされる・・
・・・ところで思いは遡って昨日のおはなし。
昨日はJリーグ代表と日本代表のサッカーの試合を、実家で観ていました。
カズが決めたゴールが奇跡のようで、感動しました。
そのカズと他ゴールを決めた選手がインタビューで話していたのは
「日本が世界がひとつになって、この災害に立ち向かっていきましょう、
そのために僕たちは僕たちのできることをします。」
ということでした。
スポーツ選手は、被災地で泥を運んだり、
食事を作ったりすることではなく、スポーツをすることで
何か役に立とうとしている。
自衛隊は自分の職務を全うしようとしている。
私は、今ここで、自分の足で立って、
音楽を通して出来ることを、していかなくてはいけない。
今日はこんなにも自分のしたことをあれこれと
思ってしまうのだけど、それでも、
これも何かの一歩だと思うことに、します。
そして、今回だけでなくこれからも続けていこうと思います。
それしかできないなら、そこで頑張るしかない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。