第5回こどもの音楽会

2011子どもの音楽会web.jpg



(写真・・・大きいすか?。。汗。)
来月18日、またまたこどもの音楽会を開催致します!
今回は、miburi-teburiというオリジナル作品です。
その名前の通り、身体の動きをキャッチして音にしていく作品です。
ゼロからオット高橋吏が作った、まだどこにもない作品ですので、貴重ですよ。
というわけで、今回は参加型の音楽会になります。
今のこどもたちが電子音楽に触れるのは何歳くらいでしょうかね。
私の小さい頃、つまり昭和40〜50年代は、携帯電話はおろかパソコンもなかったので、電子音楽というのは、電池を入れて遊ぶゲームの音でした。両手でピコピコやると上から卵が落ちて来て、それを下にいるミッキーとかが右往左往してカゴで採るゲーム。なんていうのだったけな。我が家はテレビゲームを買ってもらえなかったので、それが唯一の電子ゲームでした。その後小学校に上がると、友達の家でマリオをやって、その音楽は今でも記憶しています。あれはいまだに有名ですね。
今のこども達はパソコンも幼稚園から触れているし、私達が想像するような反応と違うかもしれないけれど、このmiburi-teburiは初披露なので、きっと面白い体験になると思いますよ。
先着お子様20名様で締め切りますので、ご希望の方はお早めにどうぞ。
お問い合わせ 金子

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。