堂々と出し切る力

今日は、紀尾井ホールへ演奏会を聴きに行きました。
出演者はピアノ、声楽、バイオリンの方々で、年齢も10歳から大人まで幅広く、二時間半に及ぶ内容の詰まったコンサートでした。
実は、歌っていると自分のことはよく分からないのですが、人の演奏を聴くとほんとうによくわかりますね。いつも、歌いながら自分が見えたら...と思います。。
さて、今日は素晴らしい方が沢山演奏されました。それで学んだことは、うまいな〜、感動するな~と思わせられる演奏では、必ず、演奏者は全力投球で、かつ堂々としているということ。夢中でやるべきことを力の限りやっている。演奏者が心身ともに中途半端では、聴き手に響かないですね。もちろん、全力というのは確かな技術あってこそ、ですけれども。
我が身を振り返りながら(^^;;、感動の時間を過ごしました。
分析は易し。
さて、また私もがんばります。
Posted from するぷろ for iPhone.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。