藤野へ

今日は高尾駅から二つ目、藤野へ行ってきました。藤野でヒーリングをされているゆきよさんのところへ。ヒーリングもそうなんですが、藤野という町に興味があったのです。藤野は芸術の家というものがあり、様々な芸術家が集まっている、とはよく聞くところ。

実際行ってみると、立川からそれほどかからないのに冬はマイナス10度、今の時期はイノシシに鹿が頻繁に出るのだとか。湧き水が飲めたり夜は真っ暗で外出できないとか、、もうすごーく別世界に来たみたいでした。そんな中で素敵なおうちを建てて自分の仕事をして暮していらっしゃるのです。

ゆきよさんの旦那様は、傍嶋飛龍さんというこれまた多才な方で、画家、万華鏡作家、禅タロット、じゃねんずという4つの活動をされています。

今日はその飛龍さんともお話でき、いろんなお話をして初めてお会いしたような気がしませんでした。

さて、まずヒーリングですが、頭などを触ってもらったら、わたしの中には腰の座った非常に冷静なかっこいい人がいるらしいです。その人が出てきやすいように呼吸を深く、またやりたいことはなんでもどんどんやったほうが良い、と。そして迷ったときは胸に手を当てて冷静な人に聞いてみる。。そんなことを教わりました。わたしには、冷静な私がいるというのが意外でした。へぇ〜、という感じで。だけど考えてみれば、演奏でも講義でも、その会場全体を見て進行やらなんやら気にして見渡している自分が常にいるのですよね。

そして旦那様の飛龍さん。you tubeで見て以来ずっとお会いしたかった方でした。飛龍さんのじゃねんずという活動が、誰にでも参加できて楽しめる音遊びに通じるものがあるのです。そして彼からは人が好き、というのがすごく現れていて、参加した人みんなが幸せになる空間を作り出すことができる人。

彼とお話して「たくさん失敗してきてその中から次を考えてきた。まず失敗はあるもんだと思った方がいい」と言われました。

そうだよなー、失敗を怖がらずやりたいことをやらなくちゃ!と思わせてもらいました!

ゆきよさん、飛龍さん、ありがとうございました!猫たちもとても幸せそうだったなー。

ゆきよさんが今回のことをブログに書いてくれました☆ こちら。