しくみづくり

調べてみると、0歳からのコンサートがかなりあることに驚くこの頃です。しかも、いまや都心だけでなく、様々な場所で様々な主催者により開催されていて、子連れとしては嬉しい限り。

今日は市民会館にてピアノとバイオリンのコンサート。たくさんの親子が50分間聴いていました。泣いても走り回ってもOKなので親も安心。その分出演者には高度な自己コントロールが求められるのですが。

それにしても、434席の8割が埋まっていたことに驚きます。

以前、私に子どもがいない時に8回開催しました「こどもの音楽会」。これは家庭のお部屋で、お客様の目の前で演奏をし、2.3種類の楽器の方にご出演いただく、という贅沢なものでした。しかし当時スポンサーもなく、赤字にならないようにとした結果、出演者の方にしっかりとしたギャラをお支払い出来なかったのが今でも心苦しい点です。

そのへんのしくみを作れば、目の前で聴く親子のコンサートは需要があると改めて確信しました。