強がりもいいけれど…

ここのところ、これまでの人生を振り返ってみて、どんなとき辛かったのが楽しかったのか棚卸ししています。

それで思い出したんですが、結構辛いことあったんですよね。そのとき、誰にも言えなくて、自分で強がって頑張ろうとして、外には笑顔で出て行ってました。そんなことが何度もありました。

だけど、誰にも相談できないってことはあとからくるんですよ。ぶり返しがきておちこんだり、過食になったり。誰かに共感してもらえてたら、その辛さは半分になったのに、抱えて頑張ってると辛さはずっと減らないままなんです。ただ相談するのは誰でも良いのではなくて、適切な人にするべきですけどね。

強がって、あんな敵を相手にしてたらこのわたしが負けるわ!相手にせずに前を向こう!と頑張ってきた自分は褒めたいです!が、辛いのを隠さないほうがあとから楽だよ、と過去の自分に言ってあげたいです。