あなたには価値があると伝えたくて。

自分のことになりますが、、ここに至るまでのことを少し。中学くらいの頃、民族音楽学者の小泉文夫さんの本を読んで、世界の声の音楽に興味を持ちました。それぞれの国にそれぞれの民族があり、彼らそれぞれに大事にしている声の文化がある。それを、小泉文夫さんはどれも比較したり否定したりせずに大切で素晴らしいものとして書かれていました。

学校教育や習い事では西洋の音階や発声を主に学びながらも、日常ではお祭りの音楽や獅子舞の音楽があり、でも学校では西洋の歌い方で評価される。わたしの音楽文化とは何か?そこにジレンマを感じていた中、小泉文夫さんの平等な見方が、私の出発点、スタートでした。

その後大学で学んだ声楽の世界は、正解を求める世界。正しい歌い方があり、切磋琢磨して1番を決めるという世界に思え、その中で精神が参りました。よく考えれば、どの文化の中でもこの歌い手が1番というのはあると、いまなら思えるのですが。。

そんなことが10-20代のわたしの根っこにあり、現在の私の理想の世界は、それぞれが幸せを感じる世界。

あなたも私も自分を否定しないで受け入れている。それには、自分の身体と声と呼吸を意識して仲良くなることからだと思うのです。人と比較せず、自分の良いところを伸ばしていく。わたしには価値があると思える、少しでも個人個人が自分であることに幸せを感じる世界。そうすれば、個人の幸せが生徒や子供や周りの人に伝播していくでしょう。

あなたには価値があると伝えたい❣️❣️