CATEGORY

こども

さいごの…

死ぬわけでもないのに、すっかり人生の幕引きをしようとしているかのようなこの頃です。したいこと、行きたいところ、食べたいもの、会いたい人。それら全てに会って、行って、満足して出産育児に入りたい。とはいえ、人間の欲望はきりがありません。全てやり切った!と思ってもまだまだ出てくるのが性でしょう。 昨日、出産前最後の発表会を開催しました。現在個人レッスンしている生徒さん1人と私、ピアニスト、というミニマム […]

素晴らしい発想!

昨日昭和記念公園へ行ったことを書きましたが、その広大な原っぱに、親子がたくさん来ていました。 そして原っぱは様々な色のミドリで溢れ、つやつやと輝いていました。まるでミドリの絨毯のよう! すれ違いざまに、ある女の子が言いました。 「緑の靴を履いてくればよかったー」 私とオットは、お!っと思いました。なんて素敵な発想なんだろう!!緑の絨毯と一体となりたいと思ったのかな。 こどもは何でもわかってる。素晴 […]

世界は音で満ちているってことを。

昨日、短大のお仕事が終わりました。 3月頃から準備を初めて5ヶ月後の8月の集中講義でしたので 今年1番のイベントが終了したような、そんな充足感でいっぱいです。 さて、今年も様々なことを講義に盛り込みました。 なかでも、息で遊ぶことや音を聴く遊び、音をたてない遊びなど、 保育の場で物が無くても遊べることを私は学生達に伝えたいと思っています。 また生活雑貨や身近な素材の音の中に、素敵な音があることなど […]

遊びって何だろう?

このところ夏の短大の講義を考えています。 そもそも、こどもの遊びとは何なのか。 鉄棒や砂場で遊ぶこと? 折り紙やお手玉で遊ぶこと? はたまた楽器を触って遊ぶこと? それも「遊び」には違いないけれど 私は、保育される年齢のこどもにとっては 出会うもの、見るもの、触るもの全てが「遊び」に なりえるのではないかと思ってきました。 だから遊びのあとで着替えがあって、 食事のあとで遊びがあって・・・というの […]

散歩の途中で

このところ畑に行く回数が増えています。 たいてい、月水の朝と土日のどちらか。 月水は歩いて15分、早朝に様子を見に行っています。 そんな数日前の朝、とてもお天気が良かったのでカメラを持って出掛けました。 この写真は北海道・・じゃなくて、近所です。 ちょっと逆行気味で暗めです。。 カメラを持つと、私は植物の色に目を奪われます。 この時期は柔らかな若葉から堅く成り始めた葉が キラキラつやつやと光ってい […]

大人のため

最近、ふと思えばこどもを育てることに 関わることが増えています。 こどもの音楽会、保育科での音遊び授業。 私自身、特別こどもに思い入れもないのに なんでだろう。実際こどもとはうまく話せないし(T_T) 考えてみると、小さい頃、自然の中で アートと共に自由に育ててもらったことが 原点なんじゃないかと思います。 それが今の私を作っていると思うし、 これからのこどもたちにも必要なことだと思っています。 […]