CATEGORY

日々いろいろ

日光アレルギー??

(鵠沼海岸) おしばらくです。 ここ数ヶ月、メイクと服装などを学びに隔週渋谷まで出かけていました。学んだ結果、服装についてはやはりまだ迷いが出てなかなか決められないのですが、メイクが出来るようになりました!それは産後の、自分のことに無頓着な状態から、一気に学生時代に戻ったくらいの変化で、あー、そうだったそうだった、メイクってこうやるんだっけ、と思い出しつつ、新たな方法なども教えてもらって、とても新 […]

コーチング

今年に入ってからコーチングを受けています。気になることについて話し、次の展開を考え実行し、また報告して考え、というのをコーチと2人で行うのです。 そのおかげで、様々なことが続くようになってきたし、前向きになってきました。私は自分のことを話す相手がなかなかいないし、いてもこれほどどっぷり自分のことは話せないだろうから、やはり職業としてのコーチの必要性はあると思いました。 自分1人だと漫然と自分のこと […]

言葉の呪縛

なんで自分はなんでも中途半端なのかな、、と思うこともある。始める時の熱量をその後も維持できないのは何故なのか。 大学生の頃だったかもっと小さい頃だったか定かではないけど、母が「私なんてなんでも中途半端で」というのを聞いて「?そんなことないよ。刺繍もこんなに上手だし、教える仕事もしてるし、料理もできるじゃん!」ということを言ったのを覚えている。でも、母は納得していない風だった。 それから数十年経った […]

サーフィンのよう

今日書店で1人で色々読んでいたら、うーん、最近の私は自分と繋がってなかった苦しさがあったんだなーと発見。こどもは可愛いけど、ずっと付き合ってると自分の呼吸ができない感じもあり。ヨガ、水泳。それが自分に合ってることはすでに発見していて、でもここ数年間全然やっていないのですが、やはりそれらがカラダとココロを繋いでくれるんだな、、と再発見しました。 それからカフェでいろんなことを考えたりしていたら、先日 […]

等身大

ツイッターでもインスタグラムでもフェイスブックでもなく、ブログ。最近はそんな気分です。近年はあれこれ手を出して大風呂敷広げてきましたが、やっぱり等身大の自分というものをしっかり見つめることが1番心地よいなと思うのです。 そのブログで何を書こうか。宣伝することも特になく、日々生きてるだけですが、その中で思うこと考えること、写真は無いけど書きたいこと。そんな、ちょっとした、でも引っかかることを書き残し […]

北海道ひとり旅

 先週末、誕生日に北海道ひとり旅してきましたー!なんともまぁ、9年ぶりくらいのひとり旅。そして、産後初めてあんなに長時間家を空けました。我が家は夫婦で育児をある程度分担してここまで来て、こどもも成長し、やっとここまで安心して出掛けられるようになったか、と感慨深いものがありました。 さて、北海道といっても、千歳行き朝6時台の飛行機に乗って、帰りは16時台の飛行機。札幌へ行っても約6時間の滞 […]

2016年

  あけましておめでとうございます。今年が皆様にとって素晴らしい年になりますように。 今年は7日が初レッスンです。2/14のコーラルフェストに向けて、いよいよ大詰め。頑張ります! 新幹線から見えた富士山を皆様にも〜。 本年もよろしくお願い致します。

1年を振り返って

   早いもので、今年もあと2日になってしまいました。今年はあまり更新もせず仕舞いでした。。 ただいま帰省中の神戸から、今年を振り返ってお届けしたいと思います。 2月に仕事復帰、週2日だけのパートタイマーですが、社会に出ることで、元々家庭内だけでおさまらない私が、なんとかバランスが保てるようになったと思います。 音楽面では、1月から、パールティースという歯科衛生士と歯科医の方々 […]

紆余曲折

実家を出て結婚してから早8年くらい。その間放置していた部屋を、いよいよ片付けなければ、ということで、この頃は帰るたびに少しずつ整理しています。 だいたい、1年使わなかったものは一生使わない、とよく聞くのですが、整理するために出してみると、懐かしくて捨てるのが惜しくなるのです。。合唱の楽譜とか、部活の20周年記念誌とか、コンサートのプログラムとか、、あー、もういっそ全部捨てたいのに、、過去は輝いて見 […]

お久しぶりです

前回書いたのはいつかな〜と見てみたら、3月でした 汗 書くような特別なことがないっていうのは、日々平和で有難いってことですね。 でもそんな中でも、やっぱり何か書いておこうと思います。今は、どかん!と記事にするより、ちょこちょこ書くのがいいのかも。 えー、ここ最近の出来事としては、歌を改めて再開したことですね。数ヶ月前に福祉施設での小さなコンサートを終えてから、すっかり歌から離れてしまっていましたが […]