CATEGORY

デイサービス

群読2回目

昨日は、田園調布にある施設のご入居の方々に、群読を披露して参りました。ご高齢の方が70名ほど観にいらっしゃいました。 群読メンバーは10名、そしてシンガーソングライターの木村真紀さんと、バイオリニストの所素子さんの演奏が入り、フリーアナウンサーの黒田育美さんが司会と「寿限無」を。途中で施設のスタッフの方に飛び入り参加して頂く場面もあり、入居者の方々はやんややんや、まるで孫を見るような視線でした! […]

話すことと歌うこと

今日は、年末に始動した群読の、第二回発表のための初練習でした。 歌う響きの場所と違い、話す響きの場所を探すことが、今回のわたしの課題。 しかもデッドな縦長のレクリエーションルームで、お耳の遠い方々にお聞かせするための話し方。 前回はどうしてもヤケになって笑、本番で地声でガンガン押してしまったのですが、押したのにお腹を使えてる感じがあった反面、喉には悪いと実感。 そこらへんのバランスを取れるようにな […]

曇りのちショートケーキ

今日、多摩川の施設にて、郡読を初めてしました。10数名で、一緒に様々な歌詞や詩を読むのです。声の力、言葉の力をお届けすると共に、それは誰でも出来ることなので、ご一緒にやりましょう、と呼びかけて行うことも可能。喋ることで口周りや表情、身体を使ってぽかぽかして、体温も上がって感情も豊かになる。そんなことを目指すのが郡読です。 今回初めて参加しましたが「歌うように喋ればいいのです」と指導のアナウンサーの […]

人に会ってます

最近、人に会うことが多くなりました。みちるとひらくを立ち上げてから、頭を使うことや、やりたいことをやるために自分に新たな息吹を吹き込むことが必要で、そのために会いたい人にはすぐ会うようにしています。 不思議とそれはどんなに遠くても苦にならず、好きなことには力を注げるんだなーと、身体に風が通ったような感じがしています。 今進めているのは、親子で音遊び、ポストカード、高齢の方と施設などで行う歌のプログ […]

ただいま計画中

すっかり寒くなりましたね〜。 今日は半袖に長袖ニットで出掛けましたが、なんだかスースーして寒いです(-。-;そろそろヒートテック出動かな。 さてさて、これからの予定をお知らせします。 今夏素敵な出会いがあって、その方と近いうちに「親子で音遊び」ができそうです☆ また、「音遊びってどんなことするの?」「知り合いに音遊びに興味ありそうな方がいるけれど、体験してみないとご紹介できないし」という方向けに、 […]

再会の旅

この週末、初めて常陸大宮市に行きました。 恩師がそこへ移住したため、仲間と遊びに行ったのです。 今まで、茨城県には縁がなくほとんど行ったことが無かったのですが 今回は茨城県〜栃木県を車で何十キロとあちこち周り、 地元の方とも仲良くなることができ、 美味しいものもたくさん食べ、 キャンプもし、恩師の働くデイサービスでコーラスの演奏もし、 とても楽しい時間をすごしました。 あゆを取る「やな」というもの […]

歌と笑いの共通点!

少し前ですが6月24日、パシフィコ横浜にてこんな講座に参加しました。 第12回 日本抗加齢医学会総会 市民講座 不老は「歌」から 「歌う」で老化を防ぎましょう〜「歌う」は百薬の長 パネラー ・斉藤一郎さん 第12回 日本抗加齢医学会会長 鶴見大学歯学部教授  ・益戸育江さん 旧芸名 高樹沙耶 女優/ナチュラリスト ・村井和之さん ジャーナリスト ・お名前が・・失礼。 (株)第一興商の方。 そもそも […]

その場に応じて

デイサービスを始めて1年3ヶ月。 毎月1回、毎回違う曜日に行っていますが 少しずつ私のことを覚えていてくれる方が 増えているような気がします。 嬉しいことです。 毎回何をしようかなと考えていくのですが 今月は、赤白の紙で作った旗を使った呼吸の遊び、 それから、発音とリズムに意識をもっていけるように 運ぼうと思って行きました。 そして前半に旗や発音のことを一通りやってから、後半で歌に入りました。 今 […]

口腔ケアと歌

今日は、「歌うことが口腔ケアになる」という講演を聴いて来ました。 場所は朝霞市コミュニティセンター。 主催は、認定NPO法人メイあさかセンター。 講演は甲谷至さん(神奈川リハビリセンターの歯科医の方です)。 もともと、私はこの方の同名の著書を持っていて デイサービスに使わせて頂いていたので 今回市報で見つけたときに、ピンときてすぐに申し込みました。 実は朝霞市は、音楽療法や保育現場でのリトミックな […]

限界突破

今日はデイサービスでした。 毎月一回で、一年終わって二年目に入り、 少し周りが見えてきたかなというところ。 現在私の目指しているのは 「歌うことで、身体と口腔周辺をより良く使い、 誤嚥から来る肺炎の予防や、精神的に明るくなる方向へもっていく」 ということなんです。 今までの歌や身体を使ったワークの経験と、嚥下に関する本を教科書に 歯科衛生士さんに時々アドバイスを頂きながら進めています。 大体の流れ […]