一歩前へ

先日の連休、八王子にラフターヨガのリーダー養成講座に参加しに行ってきました。
~ラフターヨガとは、1995年にインドの医師マダン・カタリアさんがムンバイの公園で5人から始めたヨガで、今では世界70カ国1万以上のクラブが活動しています。冗談やユーモアに頼らず笑う、新しいエクササイズです。人を傷つける笑いではなく、また皆が一斉に始め一斉に終わるので、安心です。作り笑いも本当の笑いも身体は区別できません。ラフターヨガはヨガの呼吸を取り入れていて、身体は新しい酸素を取り込み、二酸化炭素を排出します。~
そのようなラフターヨガ。私がなぜこれをやろうとしたかといえば、そもそもは随分前に雑誌で知っていたのですが、最近またある場所にラフターヨガのチラシがあって、そういえば…とふと思い出し、なぜだかピンときたからなんです。
私は今までいろんなヨガを経験してきましたが、ラフターヨガは気になっていたけれどやったことがなかったのです。でもなぜか、やるならリーダーを取ろう!と思いました。そうして今回二日間びっちりの講座を受け、晴れて!リーダー資格をいただけました!

ラフターヨガではリーダーはそれぞれ独立した存在。これからはこれを人に伝えていくことができます。
今回、ただただ笑うことに最初は抵抗ありました、ありましたとも。最初顔が引きつりましたし、気もちも引いちゃいました。でもやっているうちに、他の参加者とアイコンタクトをとりながら作り笑いで笑うだけなのに、なんだか嬉しくなりました。心の垣根が低くなるというか、人へのバリアが減って、オープンマインドで受け入れる力がついたような。笑うだけなのに不思議です。そしてえいやっと笑ったからなのか、一歩前に出る勇気の感覚が得られました。
歌で呼吸を深くして健康に、と思っていろいろ活動してきた私にとって、歌が笑いに置き換わった感覚もあります。
そしてなんと、、、その場でお会いしたティーチャー(リーダーの上の資格)の方が私と誕生日が同じ!そして私がチラシを見た場所のオーナーのお知り合いで、その場所でラフターヨガクラブを開いているご本人だったのです!ほんとにびっくりしました。私はピンときたから参加しただけなんですが、こんな偶然だか必然だかが待ち受けているとは。。直感の大事さを感じました。
新春からひとつやり切って、清々しい気分です。
Posted from するぷろ for iPhone.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。