あかめがね

写真-21.JPG

記憶では、私は小学生の頃は裸眼でした。

中学生から眼鏡になったような記憶があります。
そのころの眼鏡は高くて、うん万円もしました。
出来上がるのも時間がかかって高級なものでした。
そうそう、レンズもガラスしかなくて重かったし
今のように小さな形ではなくて大きな丸い眼鏡でした。
そんな「高いもの」というイメージの眼鏡でしたが
「韓国では安いらしい」と雑誌や噂で言われるようになってから
あっという間に日本でも1本5千円から出来るようになりました。
最も私は視力が悪いので、レンズを薄くしなければ
フレームからはみ出るということで
薄いレンズにすると、それなりに値が張るのですけれど
それでも以前の半分以下で作る事ができるようになりました。
さて、私の眼鏡は10年近く前にカラーリストのMさんに見て頂いてから
ずーっとこの色です。
一番左が初代あかめがね。メガネドラッグで購入。
その右は、2代目。ZOFFにて購入。
これは自分で選んだものの、かけると小公女セーラの家庭教師のような
怖い感じになってしまって似合わず
自分のセンスを信じられなく成った1本(苦笑)。
そしてその右が3代目。神戸の眼鏡市場で購入。
やっぱり楕円形が似合うのだと思った一本。
そして一番右が、先日無印良品で購入の4代目。
今までよりもちょっとスポーティ。
プラスティックフレームには鼻立て部分がついていないことが
多いですが、今回は落ちてこないように付けてもらいました。
そして、無印良品眼鏡のいいところは
フレームとサイドの柄の色を別にできるってところ。
写真-22.JPG

分かりますか??
フレームはえんじに近い濃い色で、
柄の部分だけ割とマットな赤です。
柄をヒョウ柄とか紫にもできたのですが
今回はこれで。
眼鏡が安く作れると結局買い替えも早くなっているので
金額的には、中学生の頃の価格と比較しても
人生トータルすればあまり変わらないのかもしれません。
でも、楽しみは何倍にも増えました!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。