初めてアレクサンダー

今日は、洗足学園音楽大学にて、ジェレミーチャンス先生と藤本保江先生による、アレクサンダーテクニークのワークショップに参加してきました。

アレクサンダーテクニークは様々なものに応用できるようですが、今日は歌う人のためのワークショップでした。

私は、アレクサンダーテクニークは、学生時代のコーラスで少しだけ知っただけで、しっかり体験したことがありませんでした。

今回体験してみて、まずは今までの様々な経験と同じ部分がたくさんあったことに驚きました。

例えば目と目の間に口があると思うこと、何か歌以外のことをしながら歌うと身体がうまく機能することがあることなど。

そして、今日初めて知った、頭と脊椎の関係を常に自由に楽にさせておくことで声が変わるということ。また股関節が自由であることが声に影響するということ。

それらによって声が楽に出るのを体験しました。

〜せねば、頑張らねば、フォームを作ってから歌わねば、まずしっかり立たねば、、、ねばねば星人はもう、やめです。

それこそが身体とココロを硬く閉じ込めてしまうのですね。

そんなことに気づけた、貴重な時間でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。